業務案内
会社案内
料金
ご依頼・ご相談
Q&A
LINK
ボディーガード 各種調査 暴力団対策 総会屋対策 施設常駐警備
盗聴・盗撮対策 精神障害者の移送 私邸警備 セキュリティーアドバイス イベント警備
現在の日本では、留守中又は在宅中に、機械による遠隔監視システムを用いた私邸の警備が主流になっておりますが、はたしてそれだけで十分なセキュリティーが確保されていると言えるでしょうか?そのようなシステムには、緊急時に通報を受けた警備員や警察官が到着するまでのタイムラグが発生してしまいます。その間にほとんどの犯罪は行われてしまい、既に犯人は逃走してしまっております。
欧米において、私邸警備とは、必ず警備員が常駐し、必要に応じて監視カメラや赤外線センサー等を併用して警備に当たっています。
弊社の私邸警備の方法もそれと同じく、必ず警備員が常駐いたします。
また、日本では「ご近所の目が気になる」という方も数多くいらっしゃいますが、そのような場合には、お客様の危険度と照らし合わせ、警備員を私邸外の目立たない場所に待機させ、定期的に私邸周辺を巡回し、ご家族には緊急通報ボタンをお持ちいただき、15秒以内に駆けつけることができる体制を取っております。お客様、またはそのご家族に極力ストレス無く日常生活を送って頂けるよう配慮に努めております。


お客様自身が危険な状況にある場合、犯人はお客様ご自身に対する攻撃を諦めるでしょう。その代わりに、犯人のターゲットはお客様のご家族に変更される可能性が最も高くなります。ご家族の中でも、小さなお子様がいらっしゃる場合、特にお気をつけ下さい。弊社では、お客様、またそのご家族の総合的な安全をお守り致します。弊社警護員が危険と判断した場合、お子様の登下校時にも警護員が同行いたします。お子様が女の子の場合、ご要望に応じ、女性警護員もご用意できます。(私服での同行も大丈夫です)
現在の日本では、お客様に危険の兆候が全く無い場合でも、変質者や精神異常者にお子様が拉致されたり、暴行を受けたりするケースが増えてきております。お子様を安心して学校へ通わせることのできる環境作りのご相談にも応じております。
※その他詳細につきましては、電話・メールにてお問い合わせください。(相談無料)