業務案内
会社案内
料金
ご依頼・ご相談
Q&A
LINK
ストーカー対策 各種調査 暴力団対策 総会屋対策 施設常駐警備
盗聴・盗撮対策 精神障害者の移送 私邸警備 セキュリティーアドバイス イベント警備
グレーゾーン行為の規制
 これまでの法令では取り締まる事が困難であった暴力団員による違法すれすれの巧妙なグレーゾーンの行為を規制しました。
 指定暴力団の構成員が、その組織の威力を示して、資金獲得の為に金品等を要求する「暴力的要求行為」(15類型)が禁止され、違反者に対しては、中止命令又は再発防止命令が発せられます。そして、この命令に従わない時は刑罰に処されます。
 又、平成9年の暴力団対策法一部改正では、指定暴力団員以外の者が指定暴力団の威力を示して行う不当な要求行為を「準暴力的要求行為」として規制の対象としました。

○相手を確認する
○用件を確認する
○相手の優位に立つ
○言動に注意する
○一筆書きには応じない

○要求に即答約束をしない
○トップは対応しない
○対応内容を記録する
○警察暴迫センターに相談する
○応対場所の選定
○複数で対応
○応対担当者での担当
○相手の確認
○用件の確認
○応対状況の記録
○不必要な書類(念書等)
 は作成しない
○解決を急がない
○暴迫センター、警察との連携
○法的対抗手段を検討する

●弊社は素早く相手の組織を割り出し、いち早く相手の行動に対応し、クライアントの安全を確保し暴力団による不当な行為を未然に防止します。
●警視庁OBの指導のもと、フランス・イスラエルでの警護経験から、どの様な暴力団の圧力・行動にも対応致します。
●暴力団は些細な事につけ込んで金銭等を要求してきます。
●企業においては「暴力団からの攻撃は企業にとって一つの危機である」との認識のもとに、平素から暴力団に対する対応方針を確立し、体制を整備しておく必要があります。
●トップ自らが「暴力団からの不当な要求に絶対応じない」と云う基本方針を確立するとともに、この基本方針を従業員一人ひとりに徹底しておく必要があります。
●暴力団員に適切に対応しうる不当要求防止責任者を選任します。
●応対の内容を記録する為の各種機材の準備や、暴力追放のステッカーやポスターを掲出する等、被害を受けない環境づくりにも配慮しましょう。
●「表沙汰にしたくない」と云う事なかれ主義が被害を拡大します。
●機を失せず、警察に通報しましょう。
※その他詳細につきましては、電話・メールにてお問い合わせください。(相談無料)